本革ボディバッグは新時代ビジネスマンに必須!

*

  • 30代ビジネスマンが持つ本革ボディバッグはありますか?

    entry_img_237

    30代ビジネスマンは、ビジネスバッグやブリーフケースを持ち歩いていることでしょう。
    オンタイムの仕事中、オフタイムの休日カジュアルで、ボディバッグを持つ人が増えていますが、ご存知でしょうか?

    もちろん仕事では、資料やパソコンなど大量に荷物を持ち歩く営業職などでは、ボディバッグでは容量が小さく、役不足の感は否めません。

    しかし、車で移動の営業であれば、ブリーフケースなどに貴重品まで一緒に入れて歩くと、ちょっと不安を覚える方もいるでしょう。

    そんな時は、ちょっとした貴重品入れとして、ボディバッグが大活躍です。


    国産新鋭ブランド「ココマイスター」

    革好きの人はご存じの方も多いことでしょう。「ココマイスター」という名称をご存知でしょうか?
    国産の品質重視、新鋭ブランドこそ、「ココマイスター」です。

    海外ブランドと変わらぬ高品質なのは、日本の職人が手作りで、天然皮革を裁断&縫製しているからです。
    その天然皮革は、もちろん牛革でイタリアから直輸入している、最高高級品。

    本革製品を扱っているブランドですが、元々はメンズ長財布で有名なブランドです。
    しかも、いつも売切という人気ぶりが、知る人ぞ知るという、革好きの間では有名なブランドです。

    もっとも、ヨーロッパの希少な天然皮革を直輸入し、日本の職人が手作りですから、大量生産できません。
    そのため、いつも少量入荷なので、売切が多いというのも原因の一つです。

    人気だから売れている事は、当然なのですが。
    その証拠に、ココマイスターの公式サイトを見ると、ほとんど「売切れ」となっていることが分かります。

    再入荷しても、分速ですぐに売り切れてしまうのが、ココマイスターというブランドです。
    このココマイスターが本気で作った、本革のボディバッグも常に売り切れという人気商品。約10万円と高額にも関わらず、です。


    売り切れの場合はココクラブへ登録

    売切れている場合は、「ココクラブ」へ登録すると良いでしょう。
    メールアドレスを登録するだけです。

    登録により以下のメリットがあります。

    1、入荷の際、事前にメールで再販日時を知らせてもらえる。
    2、革製品の永年保証
    3、返品保証

    login_entrybtn



  • 本革ボディバッグに長財布やスマホなど貴重品を携帯してOK?

    43015501-08

    ビジネスマンがちょっと外出したり、お昼に買い物行ったりする際、財布やスマホを持って行く歩くのは、割と面倒ですよね。
    スーツの上着ポケットや、スボンのポケットに入れている人が多いのですが、重さでシルエットが片側にくずれていたり、みっともない残念な感じに見えてしまいます。

    さらに、いつも同じポケットに入れるため、スーツ自体の型崩れや、スーツが傷む、ほころぶ原因にもなります。できれば、ポケットは軽いものだけ留めておきたいものです。


    女性はハンドバッグ。男性はボディバッグ。

    女性はハンドバッグや小さなポーチを持っているので、お化粧道具やスマホ、財布などを持ち歩きやすい道具がそろっています。

    男性の場合は、長財布とスマホを手に別々で持ち、持ち歩きにくそうにしている人、見かけます。
    ちょっとおしゃれな男性は、セカンドバッグを持っていますが、なんか時代遅れ感は否めません。

    いわゆる、かっこ良くない。

    新時代のビジネスパーソンは、スマートでおしゃれなボディバッグを持っています。
    ニューヨークのかっこいいビジネスマンとか持っていそうな、本革ボディバッグです。

    ナイロンや合皮はカジュアル過ぎて、ビジネスマンのスーツ姿には、マッチしません。
    やはり、高級の本革だからこそ、ボディバッグを保つ意味がありますよね。



  • 本革ボディバッグは牛革で職人手作りですか?

    martinibag_series2

    せっかく持って歩くなら、本革のボディバッグですが、牛革が良いのでしょうか?
    私の大好きな国産革ブランドは、ココマイスターです。

    イタリア産の高級天然皮革を、植物タンニン100%でなめして、革質を柔らかくしているんです。
    そして、たっぷりのオイルを含ませているので、革の表面がつややかで、柔らかくソフトな手触り。

    さらに、高級感ある独特の革の香り。いいですよねー。


    革はイタリア。職人は日本。

    革は牛革の天然皮革なので、キズや血スジが表面に見えます。天然の証です。
    選ばれたごく少数の希少な革を、イタリアから直輸入しているので、革自体の仕入れも大量には仕入れられません。

    しかも日本では、職人が手作りで革の裁断&縫製をしているので、1個1個のボディバッグづくりに時間がかかり、大量生産できません。

    入荷も少量ずつとなります。そのため、売り切れが多く、買いたいという気持ちが強くても、辛抱強く待つ必要があり、スグに購入できないことも多々あります。仕方ありませんよね。

    オール高級本革のボディバッグって、あまり販売していませんので、待つしか無いです。
    しかも、再販売した時には、少量入荷ですから、1時間から2時間ほどで又スグ売り切れ荷なってしまうほどの人気です。



  • ワンショルダーの本革ボディバッグは経年変化で一生もの?

    43015501-05

    ボディバッグは単にワンショルダーというだけではなく、そのバッグの形からして新時代のビジネスマンという感じで、カッコイイ!おしゃれ!っという感じが良いです。

    普通のバッグをワンショルダーやたすき掛けにして、バッグを持ち歩くと、ものすごくダサダサに見えるのですが、あのボディバッグの形状はおしゃれに見えるから、不思議です。

    これぞ、ボディバッグマジックです!


    天然皮革だからこそ一生もの

    牛革を植物タンニンでなめし、たっぷりのオイルを染み込ませているからこそ、経年変化が味わいとなります。
    経年変化とは、革のエイジングのことです。

    染み込ませてあるオイルが、革全体に程よく浸透して、革の色が濃くなり、全体的にしっとり、しんなりと柔軟になり、新品の硬さが無くなり味わいとなります。

    いわゆる、革が育つという言い方が正しいのかもしれません。持ち主さんが使った分だけ、革が経年変化して、良い風合いを醸し出すようになります。

    だからこそ、高級な天然皮革は、使えば使うほど味がでてなおかつ、一生ものと言われるんですよね。

    合皮やナイロンでは、使った分だけ消耗して、使い捨てに近いですが、本革は使えば使うほどに、良くなるんです。
    一生モンだと思えば、高額だとしても、持つ喜びもありますし、女性ウケも良い。本革好きには、たまらないボディバッグです。



  • 休日デートで本革ボディバッグはOKですか?

    20131126102343-3027-752_raw

    本革ボディバッグが力を発揮するのは、ビジネスマンが会社に行っている時だけとは、限りません。
    休日で彼女とデートのカジュアルなときこそ、本革ボディバッグの本領発揮になることでしょう。

    ビジネスカジュアルや、モロカジュアルのジーンズにも、本革ボディバッグだからこそ、ちょっと高級感があり、マッチしますよね。


    例えばディズニーや美術館や映画

    デートといえば、ディズニーや美術館や映画が、鉄板です。
    そんな時、男として自分のスマホや長財布、途中で購入したペットボトルのお茶など、裸で手に持っているわけにはいかないでしょう。

    いや、持っていることが出来たとしても、カッコ悪いです。
    だからこそ、本革ボディバッグへ希少品を全て入れ、ワンショルダーのたすき掛けにすれば、手ぶらで楽なデートを楽しめます。

    素材がナイロンなど安物だと、彼女は口に出して言わないものの、「ちょっとなー」「安っぽいなー」という印象を抱くはず。
    ところが、本革であれば、見た目に高級感が分かりますから、カジュアルな本革ボディバッグが、おっしゃれでかっこ良く見えるから不思議です。


    婚活パーティーや付き合いはじめに本革ボディバッグ

    特に出会う女性が、まだ彼女と呼べない前の段階で、かっこつけたいという時、ありますよね。
    そんな時、ダサいバッグを持って歩くと、服装はそれなりに気を使っても、ダサバッグが全て台無しにしてしまいます。

    ファッションは、トータルバランスが大事です。

    婚活パーティーで女性と出会う時や、はじめての女性との食事やデートでは、カッコつけて、女性によく思われたいものです。

    本革製品であれば、間違いなく女性ウケはバッチリです。
    ちょっと高額ですが、一生ものだと思えば、時間軸を考えたトータルコストでは安いものです。

    また、本革製品ですから、いつも同じものを持ち歩いていても、全く違和感がないのも、楽な点です。

    43015501-03